関数 > 基本関数 >

YdciOpen

機能

ボードのオープンをおこない、ボードへのアクセスをおこなえるようにします。

適用

UBシリーズ全機種

書式

INT YdciOpen(
    WORD wBoardSw,
    LPCSTR lpszModelName,
    PWORD pwID,
    WORD wMode = YDCI_OPEN_NORMAL
);

パラメータ

wBoardSw

オープンするボードのボード識別スイッチ番号を指定します。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0 GCC
WORD unsigned short ushort Short Integer uint16_t

lpszModelName

オープンするボードの型名を指定します。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0 GCC
LPCSTR String^ string String String const char*

pwID

IDを格納するバッファへのポインタを指定します。
以降はこの変数に格納された値を使用して関数へアクセスします。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0 GCC
PWORD unsigned short* out ushort Short Integer uint16_t*

wMode

オープン時の動作を指定します。

定義 オープン時の動作
YDCI_OPEN_NORMAL
(省略可能)
0 デジタル出力・リレー出力が全てOFFになります
YDCI_OPEN_OUT_NOT_INIT 1 デジタル出力・リレー出力の出力状態は変わりません
言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0 GCC
WORD unsigned short ushort Short Integer uint16_t

戻り値

関数が正常に終了した場合は0(YDCI_RESULT_SUCCESS)が返ります。
オープンに失敗した場合は0以外が返りますので、その場合はエラーコードを参照してください。

言語 C/C++ C++/CLI C# VB(.NET2002以降) VB6.0 GCC
INT int int Integer Long int32_t

備考

wModeを省略(もしくはYDCI_OPEN_NORMALを指定)した場合は、オープン時に全ての出力をOFFします。
YDCI_OPEN_OUT_NOT_INITを指定した場合は現在の出力状態のままオープンします。

YdciOpen関数でオープンしたボードは、アプリケーション終了時に必ずYdciClose関数でクローズしてください

使用例

ボード識別スイッチが0に設定されているボードをオープンします。出力は全てOFFになります。

C/C++

int nResult;
WORD wID;
nResult = YdciOpen(0, "RLY-P4/2/0B-UBT", &wID);

C++/CLI

int result;
unsigned short id;
result = YdciOpen(0, "RLY-P4/2/0B-UBT", &id);

C#

int result;
ushort id;
result = Ydci.Open(0, "RLY-P4/2/0B-UBT", out id);

VB(.NET2002以降)

Dim result As Integer
Dim id As Short
result = YdciOpen(0, "RLY-P4/2/0B-UBT", id)

VB6.0

Dim lngResult As Long
Dim intID As Integer
Dim strModelName as String
strModelName = "RLY-P4/2/0B-UBT" & Chr(0)
lngResult = YdciOpen(0, strModelName, intID)

GCC

int32_t result;
uint16_t id;
result = YdciOpen(0, "RLY-P4/2/0B-UBT", &id);