サンプルプログラム > リレー出力 >

C++/CLI

開発環境の設定

  1. 以下のファイルをプロジェクトフォルダにコピーします
    YduApiCLI.h
    YduRlyApiCLI.h

  2. YduApiCLI.h, YduRlyApiCLI.hをプロジェクトに追加します

  3. ソースファイルにYduApiCLI.h, YduRlyApiCLI.hをインクルードします
    (下記プログラム例を参照してください)

  4. usingディレクティブを使ってYduCLIを宣言します(using namespace YduCLI;)

プログラム例

#include "stdafx.h"
#include "YduApiCLI.h"
#include "YduRlyApiCLI.h"

using namespace System;
using namespace YduCLI;

int main(array<System::String ^> ^args)
{
    int result;
    unsigned char outputData[24];
    int i;

    // IDが0に設定されているRLY-24A-Uをオープンします
    result = YduOpen(0, "RLY-24A-U");
    if (result != YDU_RESULT_SUCCESS) {
        Console::WriteLine("オープンできません");
        return -1;
    }

    // RY1~24のリレーをONします
    for (i = 0; i < 24; i++) {
        outputData[i] = 1;
    }
    result = YduRlyOutput(0, outputData, 0, 24);

    return 0;
}